hrkzblog

その一瞬を永遠に…。

自由になる。大きな決意。

 

 

 

2019年6月13日

 

 

 

26歳になりました!!

 

 

 

このブログを始めて丸1年です!

 

 

 

相変わらず更新率は悪いわけですが、それでも見てくださってる方がいるのは嬉しいことです^^

 

 

 

 


なので今日は

見てくださってる皆さんへ

自分がどういう人間なのかもっと知ってもらいたなと思っています。

 

 

 

今の現状と将来展望というテーマで

自分の人となりがわかるように書いていくので最後まで読んで頂けたらめっちゃ嬉しいです✨

 

 

 

 

 

 

今は冒頭にも書いたように26歳、社会人になって4年目を迎えました!

愛知県に住んでいて、Lovegraphを軸にカメラマンとしての活動を本業でやっています📸

+α学生時代に憧れていたスターバックスの店員さんを労働ではやっています🙌

 

 

 

会社員を辞めてからはまだ1年経っていませんが、今思い返してみると安定の大手企業を辞めてフリーランスの世界に飛び込むのって勇気のいる行動だよなって思います。

 

 

 

けど蓋を開けてみると、

 

 

 

まぁなんとかなっちゃうんです。笑

 

 

 

不安がなかったって言うと嘘になるけど、

逆に不安過ぎて動いたってのが正解なのかもしれない。

 

 

 

 


じゃあ前職は何をしていたかっていうと

名鉄の車掌でした🙌

 

 

 

最近ある出来事があって

その頃を思い出すことがあったのでそれを話します。

 

 

 

 


僕は名鉄の車掌さん時代に知多半島を走る常滑空港線を担当していました。

 


名前のごとく、この線を利用するお客様は空港、すなわち飛行機を利用される方が多いわけです。

 


となると

ここでしか使われないアナウンスがあるわけですよ。

 


それが、

「これから先、飛行機にご搭乗されますお客様は、どうぞ素敵な空の旅をお楽しみください^^」

っていうアナウンス。

 

 

 

これをこの前友達が聞いたらしく

素敵な仕事だなぁって言ってました😊

 

 

 

僕は当時を思い出して、他にも雨天時に「足元が滑りやすくなってますのでご注意ください。」とか乗り換え駅で「この先もお気をつけて」とか帰宅ラッシュに「本日もお勤めご苦労様でした」とか

なんかちょっとでもお客様の心を温かくできないかなって考えてアナウンスしてたなぁって、想いが蘇ってきました。

 

 

 

このことを受けて気づいたことが1つだけ。

 

 

 

結局僕の軸はここなんだなって。

 

 

 

今も職は違えどラブグラファーとして

いかにしてゲストさんを幸せにするかばっかり考えてるし、自分の周りにいる人たちをいかにして笑顔にするか幸せにするかばっかり考えています。

 


そこに1番やりがいを感じるというか

やりがいって言うとなんか仕事感あるけれど、

自分のしたことで相手が笑顔になったり幸せになってくれたら自分も幸せだなって思うそんな感覚。

 

 

 

名鉄のときはどうしてもなかなか結果の部分が目に見えなかったけど、

今は違ってそのまま返ってくる。だから満足度高いし、幸福度も高まる✨

 

 

 

 


っていう感じで今を生きています。

 

 

 

 

 

 

では

 


このままノンストップで将来展望まで話していきます。

 


ここから先はさらに熱量を上げて話していきたいので少々口調が荒くなるかもしれませんがご了承くださいm(_ _)m

 

 

 

 


まず結論から言うと

2年集中して自分の人生をクリアにします!

人生って

・自由に使える時間

・自由に使えるお金

・身の回りにはどんな人がいるかっていう人間関係

この3つが大きく関わってきます。

なのでこの3つをとにかくこの2年間で徹底的にクリアにします。

 

 

 

もっと具体的に言うと、

2年後の28歳の誕生日にスタバを辞めてLovegraphを軸にカメラマンとしての活動に集中するよって感じです。

 

 

 

だからこの2年間

カメラをめちゃくちゃ頑張るかって言ったらそうじゃなくて、

 

 

 

スタバもラブグラフも

どっちも本気でやって、どっちも結果残そ!って感じです。

 

 

 

リアルなところでいうと

スタバでは、

・SSV(時間帯責任者)になること

・ブラックエプロンの試験に合格すること

・ラテハートがいつでも描けるようになること

ラブグラフでは、

・月間MVPを獲ること

・プラチナラブグラファーになること

・2020年のジャーニーで新人賞を獲ること

・指名依頼で月10件撮れるようになること

 

 

 

おそらくスタバ経験者とかラブグラフの中を知ってる人なら感じると思いますが、

 


ハードル高けぇぞって。

 

 

 

 


え?

 

 

 

 

 

 

 


それは言い訳です。

 

 

 

はい。

 

 

 

じゃあなんで2年なのか、、

 


本当は来年にでも、いや来月にでも、いや明日にでもクリアにしたいです。

 

 

 

だから明日にでもクリアにしてやるって気持ちでいると思っていて欲しい。

 

 

 

2年後っていうのは期限付きの目標がいいなと思ったから付けただけ。

 

 

 

自分の人生をクリアにして

要するにスタバを辞めれたら時間ができるので、自分の大事な人たちに時間使っていきたいなって思います!

 

 

 

(こっからは大切な皆さんへのメッセージ)

↓         ↓          ↓         ↓         ↓

 


自分を信じてくれる人たち

自分を頼ってくれる人たち

自分を支えてくれてる人たち

自分に撮ってほしいと思ってくれるゲストさんたち

 


みなさんが大好きです。

みんなの笑顔の為なら何だってできる。

 

 

 

 


未来の自分が

未来の自分と大事な人たちが笑顔で幸せに過ごせるように

今やっちゃう。

 


笑うしかないくらいの全力投球で

完遂します。

 

 

 

 

 

 

あなただからできるんだよ。

あなたは強いからできるんだよ。

 

 

 

いや違う。

 

 

 

僕だからできるわけじゃない。

 


僕は弱いから行動して止まらないように走ってるだけ。

 


だから体力あるようにも見える。

 

 

 

 


大丈夫。

あなたにもできるから。

そこを勘違いされたら本当に寂しい。

 

 

 

だからすごいだなんて思わないで。

 

 

 

僕にしかできないことがあるのだとしたら

それは、

あなたの道しるべになるような背中を見せること

あなたの勇気になることだ。

 

 

 

フォロワーの数とか

いいねの数とか

ほんとにどうでもよくて。

 


すごい人になる気はなくて。

 

 

 

 


「大丈夫。」

 


その一言で抱えてる重りを軽くできる存在でありたい。

 

 

 

そのための根拠となる行動をする。

 


何が正解でどうでって

わっかんないからさ

走るしかないんだよほんとに!!!!

 

 

 

大好きな人たちの笑顔が永遠に途絶えないことを願って信じて。

 

 

 

あなたが僕に見せてくれた弱みを、笑顔を

裏切るわけにはいかないから。

 

 

 

1年前、手の届かないと思ってたところに到達してるんだから

今回もいける自信しかないわけで

 

 

 

難しいっていうイメージだけであきらめたり

夢の世界だって言ってあきらめたり

挙げ句の果てには頑張るのめんどくさいとか

そんなメンタル自分にないとか言っちゃうけど早い。

 

 

 

大事なのは今どうかじゃなくて

これからどうなりたいか

でしょ?

 

 

 

大口叩けるほどの強靭な心と勇気はいる。

そりゃ批判されるかもしれんよ。

馬鹿にされるかもしれんよ。

 

 

 

でもそいつらに負けて将来のあなたがなりたいあなたになってなかったら、

将来のあなたは今のあなたに対してどう思う?

 

 

 

だし、

みんな芸能人でもないんだからそう簡単に炎上しない。

それに

周りはそこまであなたに興味ないから!

その時批判したやつも時が経てば忘れてるから!

 

 

 

だって人の批判や否定に時間使えるほど暇な人間でしょ?

中身ぺらぺらよ

 

 

 

あなたはもっと自由に生きていいしなりたい自分になっていい。

 


あなたの人生はこんなもんじゃないってことだけは頭に置いといて。

 

 

 

 


今これ読んでる人!これだけは絶対に忘れないで欲しい。

 

 

 

「世界中があなたを否定してきても僕はあなたの味方です。」

 

 

 

 

 

 

カメラマンになりたかったわけじゃなくて

ラブグラファーになりたかったし

ラブグラフの一員になりたかっただけ。

 

 

 

 


その気になれば人は何者にでもなれるということを証明してみせる。

 

 

 

 


自分の将来には

自分の身の回りにいる大事な人たちの幸せが

とっても重要。

 

 

 

だから熱くなって口調も酷くなるけど許してください。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました✨

 

 

 

27歳の自分と周りの人たちが笑ってられるように、

 


26歳駆け抜けていきます!!

 

 

 

 

 

 

これからもどうぞよろしくお願いします🙇‍♂️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


-END-